求人検索

コンサルタント/リサーチ・アナリスト
[ポジションNo.:6540]
外資系コンサルティング
職務職責 下記領域を中心とした経営戦略コンサルティング
1) 全社・事業戦略
2) 組織改革
3) R&D・技術戦略
4) IP(Intellectual Property)=知的財産)戦略
5) 環境戦略

*即戦力として、入社後すぐにケースにアサインされます。
応募条件 * コンサルティング経験者および経営企画・事業開発・商品企画・研究開発等での実務経験者歓迎
* 経営者の視点で問題解決を行える能力。特に「仮説構築力」「論理性」「クリエイティビティ」は重要。
* 高度なコミュニケーション力
(コミュニケーションの中で、多くの情報から本質をつかみ、言いたいことを的確に伝える能力)。
* リーダーシップ&チームワーク

※応募時の英語力は不問。ただし、英語に対するアレルギーが無いことが必要で、入社後は向上に努力することが望まれる。
※MBAあれば尚可
会社紹介 とくに製造業やR&D領域に強い、世界トップクラスのコンサルティングファームです。他の戦略コンサルティングファームと比べ、コンサルタントのバックグラウンドもまちまちで、リーダーシップと能力を兼ね備えた世界トップクラスの企業出身者が数多くの在籍し、長期で活躍されています。
職種 コンサルタント
職位 スタッフ,その他(コンサルタント・スペシャリスト等)
勤務地 東京23区
想定年収 ~1500万円
こだわり条件 MBAホルダー優遇,MBA新卒対象,グローバルで活躍,ポストコンサルにおすすめ
おすすめコメント 「テクノロジーで社会を変えたい」、「日本の製造業がもっと世界で活躍する支援をしたい」、「とにかくモノ作りが大事だと思う」など、技術や製造という領域に関心が高い方にお勧めの戦略コンサルティングファームです。

アットホームで協力的なカルチャーが魅力であり、皆さん、他のコンサルティングファームと比較して在籍期間が長く、じっくりとキャリアを醸成して活躍されています。そのような働きやすい環境もお勧めです。
この求人へのエントリー/お問い合わせ

コンサルティング部門 エンゲージメント・マネージャー/プリンシパル

職種
コンサルタント
職位
その他(コンサルタント・スペシャリスト等)
想定年収
1200~2100万円
ヘルスケア業界におけるコンサルティング業務 ・戦略案件のプロジェクトマネージャーとして、クライアントマネジメント・プロジェクト推進 ・業界最大規模のデータベース、テクノロジー&アプリケーション、各種スペシャリストの専門スキルといったアセットを有効活用し、ヘルスケア業界の各種ステークホルダーに対する独自のオファリングやサービスの開発、提案、価値提供 ・国内他部署や海外オフィスと連携し、大型・グローバル案件にも参画 ・リーダーシップチームの一員として、コンサルティングチームの組織運営にも参画
詳しく見る

コンサルタント/アソシエイト

職種
コンサルタント
職位
スタッフ,その他(コンサルタント・スペシャリスト等)
想定年収
~1500万円
民間企業および政府機関(パブリックセクター)の戦略策定、行動変革、イノベーション、ブランドの確立、消費者行動の理解、企業活動のリストラクチャリング、営業部門の効率改善、最適な情報技術の採用などについてのコンサルティングを提供します。
詳しく見る

コンサルタント/シニアコンサルタント/プロジェクトマネージャー

職種
コンサルタント
職位
スタッフ,その他(コンサルタント・スペシャリスト等)
想定年収
~1000万円
戦略コンサルタントとしてクライアントの問題点を分析し、それに対しての戦略の策定や実施体制の提案・支援を行います。
詳しく見る

コンサルタント

職種
コンサルタント
職位
スタッフ,その他(コンサルタント・スペシャリスト等)
想定年収
1000~1500万円
■知的資本の測定・評価を基盤として、成長戦略へのコンサルティング、ソリューション提供から知的資産経営の開示や戦略的IR支援までの一貫したコンサルティング・サービスを提供します。 【提供サービス:知的資本コンサルティング】 近年、「バランススコアカード(BSC)」など人材や組織の力、外部パートナーや顧客面などの見えざる資本を評価し、経営の指標とする動きが拡大しています。 これまで、企業の変革を促す手法は、多くのコンサルティング・ファームが実施しているように、いわば企業の目に見える価値、つまり財務諸表で表現される「財務資本」の改善・向上を目指すものが主流でした。この手法は、組織やビジネスプロセスの効率化やコスト削減を通じて、短期的には企業収益の改善に効果を発揮します。しかし、目に見えない企業の価値、すなわち知的資本の向上にはむしろ逆効果となり、企業が潜在的に持っている知的資本をベースにした価値創造プロセスは重要視されないという結果をもたらしました。 これに対して同社は、見えざる資本である知的資本(ブランド、特許、人材、組織の力、外部パートナーや顧客面など)にフォーカスして、企業がより成長し、より価値を高めるためのマネジメントを総合的に支援しています。
詳しく見る

戻る