MBAのためのキャリア支援MBA留学生数の推移

アクシアムでは、1999年より毎年、日本からのMBA留学生の推移を調査しております。この取り組みは、日本人MBA留学生を取り巻く環境を継続的かつ包括的に把握する活動の一環として実施しているものです。

2017年度も海外ビジネススクールに留学する皆さんのご協力を得て調査を実施し、その結果がまとまりましたのでご報告致します。

2017年12月調査結果(Class of 2018-2019)要約

微増ながら増加に転じた一昨年、昨年の動きから、今年も増加傾向が継続するかと期待されましたが、今年の留学生数は全体として微減という結果に終わりました。

  • 本調査に対し、有効回答があった対象校は2年制が42校、1年制が11校。
  • 総数は2年制の2018年卒が237名、2019年卒が224名。1年制の2018年卒が72名。
  • 地域別では米国で留学生数の減少が見られたのに対し、欧州やアジアで増加が見られました。
  • 米国のTOP10のスクールについて、留生の総数は2018年卒が70名(うち私費学生30名)、2019年卒が58名(うち私費学生24名)。2019年卒生で私費・社費ともに減少が見られました。

今回の調査は全ビジネススクールを網羅するものではありませんが、主要校については2018年、2年制・1年制のスクールを卒業した合計300名以上の新たな海外MBAホルダーが誕生する見込みです。キャリアマーケットにおいて、海外MBA人材を求めるニーズは着実に高まっており、彼らの活躍がますます期待されます。

MBA留学生数の推移 調査結果(※2017/12/19更新)

校数 2018年卒 2019年卒
全体 派遣 私費 全体 派遣 私費
US(2年制) 32 173 118 55 142 106 36
Europe(2年制) 5 41 23 18 55 28 27
ASIA 他(2年制) 5 23 8 15 27 15 12
2年制 計 42 237 149 88 224 149 75
校数 2018年卒
全体 派遣 私費
US(1年制) 1
Europe(1年制) 8 64 29 35
ASIA 他(1年制) 2 8 2 6
1年制 計 11 72 31 41

※有効回答を得られず

US2年制上位10校

学校名 2018年卒 2019年卒
全体 私費 全体 私費
Harvard University 12 5 8 3
Stanford University 3 0 5 0
Massachusetts Institute of
Technology (Sloan)
9 2 6 1
University of Pennsylvania
(Wharton)
16 8 12 6
Northwestern University
(Kellogg)
10 5 7 4
Columbia University 9 3 5 5
University of Chicago
(Booth)
1 0 8 4
New York University
(Stern)
3 3 1 0
University of California–
Berkeley (Haas)
5 2 5 1
Dartmouth College (Tuck) 2 2 1 0
2年制 計 70 30 58 24

主な10校の推移(2005〜2019年卒)

主な10校の推移(2005〜2019年卒)

本調査は各ビジネススクールの在校生や日本人学生会、卒業生、同窓会、学校関係者の皆様のご協力を得て実施しております。
ご協力をいただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

追加・修正情報をご存知の方は、下記までお寄せくださいませ。

株式会社アクシアム 
マーケティング担当宛
cr@axiom.co.jp