これまでアクシアムがご支援し、展望ある転職=「展職」に成功された方々の事例を一部ご紹介します。現在転職をお考えの方はもちろん、今後のキャリア展開について検討中の方にもぜひご一読いただき、キャリアデザインの参考にしていただければ幸いです。

50歳/男性 /私立大学・経済学部卒 /    [No.050]

日系大手電機メーカー セールス、マーケティング、事業部長 [22~48歳]
外資系電機メーカー 日本支社長 [48~49歳]
自営業(コンサルタント) [49~50歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
日系産業機器メーカー(企業再生) 営業統括取締役 [50歳~]

転職のポイント/選択の決め手

大学を卒業して日本の電機メーカーに26年間勤務され、BtoBビジネスの分野でセールスおよびマーケティングのキャリアを積んでこられました。40代のときには、海外メーカーとの合弁会社にて、新しい分野の産業機器製造販売会社の事業部長に。セールス・マーケティングの戦略立案を手がけ、事業規模ならびに収益を就任中の2年だけで数倍に拡大するなど素晴らしい実績を残されました。そのまま本社に戻る選択肢もありましたが、このまま50代になってから転職することのリスクの高さをお考えになり、48歳で依願退職。外資系の小さな会社(といっても前職の合弁会社と同程度規模で、ご自身が経営に自信を持てるサイズ)に日本代表として転職されました。同社では成果はそれなりに出ていましたが、2年目に会社が日本支社長のポジションを閉じて、アジアで全体を統括することとなり、突然失職。その後は自営のコンサルタントとしてセールス・マーケティングや海外プロジェクトのコンサルティングをされていました。

アクシアムへご相談に来られたのは、自営コンサルタントとして1年程度がたったころ。お話を伺うなかで、シビアな状況下でも忍耐強く、前向きにあきらめないタイプのセールス・マーケティング分野のリーダーであることがわかりました。そこで、地方のとある産業機器メーカーをご紹介。同社は自社の再生を担うマネジメントを探しておられたのです。先方からはすぐにオファーが出され、見事に転身。現在は創業家と機関投資家の両方から信頼される、営業統括取締役として活躍されています。

 

34歳/男性 /私立大学・法学部卒 /米国TOP校MBA     [No.049]

日系大手商社 IT戦略・経営企画 [22~28歳]
相談開始
米国TOP校MBA [28~30歳]
外資系エンターテインメント 経営企画・事業開発 [30~34歳]
アクシアムの転職サポート
日系上場企業 海外新設子会社・取締役 [34歳~]

転職のポイント/選択の決め手

大学卒業後、大手商社のIT部門で海外事業会社との合弁会社設立などにかかわった後、私費で米国トップスクールに留学。MBAを取得されました。卒業時には投資銀行や戦略コンサルティングなどへの道もあったのですが、ご自身の興味軸であったIT・メディア・エンターテインメントに焦点を絞って就職活動。外資系エンターテインメント企業を進路に選ばれました。同社では、企業財務、経営企画管理、事業開発をコアとしながら、事業戦略を執行して組織全体がどう動くことで利益を生み出し、成長していくかを学ばれました。このまま同社でキャリアを継続してもいい状況でしたが、弊社からある日系企業のグローバル化に挑戦するポジションをご提案。さらなるキャリア開発にむけて決心いただき、海外新設子会社の取締役として転身をされました。ご入社後は期待通りの活躍をされ、海外事業開発を推進しておられます。

 

48歳/男性 /私立大学・英文学部卒 /米国TOP校MBA     [No.048]

外資系コンピューターメーカー セールス [22~30歳]
外資系コンピューターメーカー セールスマネージャー [30~32歳]
米国TOP校MBA [32~34歳]
外資系IT関連企業 営業部長、本部長 [34~46歳]
外資系IT関連企業 日本支社長 [46~48歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
外資系大手ファンド 投資先CEO [48歳~]

転職のポイント/選択の決め手

80年代、これからはコンピューターの時代だと考え、コンピューター関連企業のセールスからキャリアを始められた方です。高いセールス力でめきめき実績を上げ、別の企業からスカウトされてマネージャーとして迎えられるまでになりました。通常はそのまま同業界でセールス職を続け、年収とタイトルを上げるキャリアを選ぶものですが、その場合、40代で年収もタイトルも頭打ちとなり、失速するリスクが高くなります。この方は、32歳のときに自ら決心されて私費で海外MBAに留学。マネジメントを目指すことにされました。MBA卒業後もぶれることなくIT関連企業で、部長、営業本部長を歴任。世の中はやがてPCの時代、ネットワークの時代、インターネットの時代と変遷し、46歳で外資系IT関連企業の日本支社長に就任されました。

 

45歳/男性 /私立大学・経済学部卒 /    [No.047]

大手建設会社 経理・財務、管理会計、海外勤務 [22~45歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
日系著名ベンチャー CFO [45歳~]

転職のポイント/選択の決め手

大学卒業後、大手企業の会計・経理、管理会計、財務の実務経験を重ね、国内外の経営関連のコースを社費で修了された方です。MBAこそ取得されていませんが、財務会計の知識とスキルを順調に磨いておられました。海外支社での勤務も経験され、40歳のときに日本の本社に帰任。しかし、本社では業績が悪化しているにもかかわらず、経営改善が遅々として進まない状況でした。そのような状況を憂い、改善に奮闘されたものの、5年を費やしても変わらないため断念。依願退職をし、アクシアムに相談に来られました。

できる限りのことを行った方というのは、本当に強いものです。AかBかでキャリアを選びません。今までがどん底だったのだから、つぎのチャンスがあれば、それを必ずつかむ。そんな気概をお持ちでした。そんな折、弊社からあるベンチャー企業のCFOポジションをご紹介。言葉どおり、すぐに決心されてベンチャーへ飛び込まれました。同社でその成長に貢献された後、そのベンチャーは退職されましたが、どのような規模・ステージの会社でも、あるいは混沌としている会社の状況でも、冷静に対処できるプロフェッショナルな取締役CFOとして、いくつかの企業で活躍されています。

 

44歳/男性 /私立大学・教養学部卒 /    [No.046]

日系大手マスコミ ディレクター [25~31歳]
日系著名ベンチャー 社長室 [31~36歳]
日系著名ベンチャー 新規事業開発部長 [36~44歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
日系スタートアップ・バイオベンチャー CFO [44歳~]

転職のポイント/選択の決め手

大手マスコミのディレクター職にあったこの方は、「日本の社会に必要なものは、ベンチャー企業である」との思いを抱き、一念発起。転職を決意されました。当初の強みは語学力と熱意のみの状態でしたが、あるベンチャー企業に飛び込み、著名創業者のアシスタントとなって、5年間懸命に独学で企業投資や海外のベンチャー事情について学ばれました。そして同社の海外投資会社の常務に就任し、今でいうコーポレートベンチャー投資をなんと1980年代で始められたのです。そして5年後、経営陣が変わったことをきっかけに、別の著名起業家の元に転職。新規事業開発部長となり、いくつかの社内ベンチャー企業を立ち上げられました。

その8年後、44歳になっていたこの方は、これまでに起業家から学んだ精神や経験、スタートアップの経営力を活かす場を探したいと、アクシアムの門をたたいてくださいました。そこで、ある研究者の方が創業したスタートアップのバイオベンチャーをご紹介。技術系のご経験はお持ちでありませんでしたが、経営パートナーを探して欲しいという要請にはむしろ合致し、転職が決定。同社は上場まで果たし、この方は10年以上も会社の成長に貢献された後、54歳で退任。その後は、いくつかのベンチャー企業の顧問や副社長として活躍されています。

 

31歳/女性 /私立大学・文学部卒 /米国MBA     [No.045]

外資系コンサルティング アソシエイト [22~25歳]
外資系ヘルスケアカンパニー セールス [25~29歳]
相談開始
米国MBA [29~31歳]
アクシアムの転職サポート
日系大手ヘルスケアカンパニー 経営企画室 [31歳~]

転職のポイント/選択の決め手

理工系出身でない方が、ヘルスケア領域で長期のキャリア開発を目指される場合、MBAが強い武器となります。この方は大学卒業後、外資系コンサルティングファームでアソシエイトとして3年間従事。ヘルスケア関連のプロジェクトを手がけたことから業界に関心を抱き、その後、外資系ヘルスケアカンパニーでセールスとして4年のご経験を積まれました。そして31歳で海外にてMBAを取得。卒業後の就職の際には、前職でのご経験とMBAがポイントとなり、希望どおりに日系のヘルスケアカンパニーへ。経営企画室での採用となり、その後はマーケティングマネ-ジャーとして海外勤務もされ、現在はアソシエイトディレクターとして活躍されています。

 

35歳/女性 /国立大学・薬学部卒 /米国MBA     [No.044]

日系化学メーカー リサーチ [22~27歳]
外資系医療機器メーカー リサーチ部門マネージャー [27~30歳]
外資系医薬品メーカー 経営管理 [30~33歳]
相談開始
米国MBA [33~35歳]
アクシアムの転職サポート
外資医薬品メーカー プロダクトマネージャー [35歳~]

転職のポイント/選択の決め手

医学部や薬学部の修士号、博士号取得者が、事業会社のマネジメントを目指すには、やはり海外MBAを取得しているほうが有利です。できれば35歳あたりまでに留学してMBAを取得し、卒業後はプロダクトマネージャーや経営企画室、リーダーシッププログラムなどのポジションで採用されると、その後のキャリア形成がスムーズ。この方は、まさにそのようなキャリアの道程を歩まれました。アクシアムにはMBA留学前からご相談をいただいており、卒業後の選択として外資系医薬品メーカーのプロダクトマネージャー職をご紹介。ご入社後は新薬担当となり、見事な実績を出されました。その後は40代後半で、ある外資系製薬会社から執行役員としてスカウトされ、ますます活躍されています。

 

40歳/男性 /私立大学・商学部卒 /米国MBA     [No.043]

日系リース会社 営業 [22~25歳]
日系コンサルティング アソシエイト [25~28歳]
日系コンサルティング 人事戦略部 [28~31歳]
米国MBA [31~33歳]
外資系自動車メーカー 人事スタッフ・人事課長 [33~38歳]
外資系ソフトウエアメーカー 人事マネージャー [38~40歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
外資系ヘルスケアカンパニー 人事担当役員 [40歳~]

転職のポイント/選択の決め手

人事の領域でキャリアを作っていきたい方に、ぜひご紹介したい例です。この方は事業会社の営業部門からキャリアをスタートされたのですが、転職したコンサルティングファームで人事戦略にも携わり、そこから人事部門でキャリア形成をしていくことを決意。その後は一貫して人事畑を歩まれていました。40歳のときに、そのご経歴から弊社にて某外資系ヘルスケアカンパニーの人事担当役員のポジションをご紹介。豊富な経験を評価され、みごと役員となられました。

外資系企業(日本支社)では、じつは人事のトップに40~50歳で到達が可能です。経験要件としては、人事戦略、組織開発、新卒採用、キャリア採用、人事制度の企画・開発・導入、組織改革、リエンジニアリング、報酬・給与、研修、タレントマネジメント、本社グローバル人事プロジェクトなどを広くカバーしていること。そして、経験した会社の社員数が重要です。経験業界については、大きく製造業かサービス業かといったあたりは問われることがありますが、職能が合致していればまったく異なる業界でも転職することが可能です。転職回数が多くとも、職能と実績が重視される場合が多いという特徴があります。

 

45歳/女性 /私立大学院・理学部卒 /    [No.042]

外資系製薬会社 研究職 [25~35歳]
外資系医薬品メーカー 研究職、マーケティングプロダクトマネージャー [35~38歳]
外資系医薬品サービス会社 事業開発マネージャー [38~40歳]
外資系製薬会社 マーケティングディレクター [40~45歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
外資系医薬品メーカー 事業統括部長 [45歳~]

転職のポイント/選択の決め手

研究者としての基盤をもちあわせた、医薬/ヘルスケア関連業界におけるマーケティングのプロフェッショナルとしてキャリアを築き上げた方です。大学にて生物化学の修士課程を修了したのち、まずは製薬会社の研究職に従事。その後転職したメーカーでは研究職ながらマーケティング部門と連携する業務が多く、その面白さに目覚めるきっかけになりました。それからは研究者としてのバックグラウンドを生かし、データ分析に基づくマーケティング活動、開発にあたっての戦略策定にも関与。マーケティングのスペシャリストとしてのスキルを確立されました。残念なことに、事業の縮小・撤退などの要因からその後も数度の転職の必要がありましたが、その都度、ご自身の強みを生かし、新たな職能を獲得していく強さをお持ちでした。

アクシアムへのご相談は、外資系製薬会社のマーケティングディレクターとして活躍されていた45歳のとき。ご自身の部門は好調であったものの、他部門での売上低迷を受け、ご自身をその会社へ誘ってくれた代表が辞任されるというタイミングでした。そこで、ある外資系医薬品メーカーの事業統括部長のポジションをご紹介。ヘルスケア関連事業という切り口から社会貢献のできる事業会社に身をおきたい、との思いをお持ちだったのですが、事業内容や企業風土、その発展性に高い関心を持っていただき、すぐに応募。これまでの高い実績と確かなスキルが評価され、転職が決まりました。

 

29歳/女性 /私立大学院・理学部卒  /    [No.041]

外資系戦略コンサルティング アナリスト [25~29歳]
相談開始・アクシアムの転職サポート
外資系医薬品メーカー FP&A [29歳~]

転職のポイント/選択の決め手

大学院で有機化学の分野の研究を修められ、大手戦略コンサルティングファームに就職された方です。4年間でヘルスケア業界向けの複数の案件を経験した後、転職を決意。これまで培った分析力や理論構成力を活かしつつ、今後は事業会社の内部から人を動かし、組織全体を動かしていくような仕事をしていきたいとの希望をお持ちでした。そこで、いったん年収は下がることになりますが、消費財メーカーなどでスタッフワークからもう一度職能を積み上げることに。某外資系医薬品メーカーでのFP&Aポジションに採用されました。

外資系企業の日本支社の多くは経営企画部を持ちませんが、製薬業界では日本支社の歴史も長い場合が多く、日本的な経営企画室を備えているケースが多く見受けられます。この方のように、戦略コンサルティングファームでアソシエイトとして3年~5年の業務経験を積んだ後、32歳位までであればFP&Aとして経営企画業務に携わることが可能です。その先のキャリアとしては、そのまま経営企画室長、ラインマネージャー、プロダクトマネージャー、グローバルプロジェクトマネージャー、事業部長といったキャリアパスが考えられます。さらに事業会社で成果を出し、40歳位で再びコンサルティング業界に戻り、ディレクターを目指す道もあります。

 

28歳/男性 /私立大学・経済部卒 /欧州MBA     [No.040]

日系大手都市銀行 企業調査部 [22~25歳]
相談開始
欧州MBA [26~27歳]
アクシアムの転職サポート
日系投資銀行 国際投資銀行業務 [28歳~]

転職のポイント/選択の決め手

大学卒業後、邦銀にて数年の経験を積まれ、26歳という比較的若い年齢でMBA留学をされました。もともと海外生活を長くされていた帰国子女であり、バイリンガルかつグローバルな環境への適応力という点での強みを持っていた方です。金融業界の経験以上にその高いポテンシャルを評価され、投資銀行への転職に成功されました。投資銀行やプライベートエクイティなどの金融プロフェッショナル求人では、しばしばバイリンガルでポテンシャルの高い20代MBAホルダーを採用します。若くしてMBA留学に踏み切った決断力と持ち前の英語力とで、投資銀行へのキャリア展開に成功された良い事例といえます。

 

28歳/男性 /私立大学・政治経済学部卒 /欧州MBA     [No.039]

日系金融機関 法人営業 [23~26歳]
相談開始
欧州MBA [26~27歳]
アクシアムの転職サポート
日系通信関連公開ベンチャー 経営企画 [28歳~]

転職のポイント/選択の決め手

MBA取得後のキャリアとして、金融(投資関連)で経験を積むか、ベンチャー企業で経営に近いところで幅広い職務を経験するかの二方向で検討されていました。キャリアビジョンにつながりやすいのはどちらかという点でアドバイスと情報提供を行い、その結果(1)職務機会:ファイナンス、あるいは経営企画により直結している点、(2)環境面:一緒に働く方や上司となる方がすばらしい という2点で、現在のベンチャーを選ばれ、目論み通り良い経験をされています。

 

1 2 3 4 5
転職/キャリア開発をご希望の方
無料登録フォーム

Facebook
Twitter
{literal} {/literal} {literal} {/literal}