イベントCareer Talk Live

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポート(市川 裕康 氏)2012.11.01

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポート ソーシャルグッド・サミット東京でのミートアップの立ち上げ成功や、「Social Good小事典」の上梓、スコールワールドフォーラムへの参加レポートなどで、一気に有名になってきた市川さんのお話を、最初から最後まで聞きこんでしまいました。

通常トークライブは参加者の方々と一緒になってスピーカーの方とも対話形式でお話を進行してゆくのですが、今回はあまりの面白いお話の数々で、質問する暇もなく、2時間などあっという間で、どんどん新しい話題が展開してしまいました。

同志社大学時代に新島スカラーとしてアマースト大学に留学した市川さんは、「NGO」「出版」「人材ビジネス」の3つの領域で経験を積んできました。アクシアムはソーシャルカンパニー創業前の仕上げとなる4年間の在籍でした。ソーシャルカンパニーは、まさに市川さんのキャリアの経験を全て活かした形で起業されたことになります。ツイッター、フェイスブックなど新しいメディアを活用した新しいトレンドの調査、報告、コンサルティングを行い、まだ日本の誰もやったことがない新しい仕事をやっていることになります。会場の皆さんの質問は市川さんの働き方、ソーシャルカンパニーの売上はどこから出てきているものなのかといったものが多かったように思われます。

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポート来年はNHK大河ドラマで同志社大学の創始者新島譲の妻、八重がヒロインになりますが、市川さんが留学したアマーストは、内村鑑三、新島譲が、留学した先の大学で、かのクラーク教授の母校でもあります。

そのような留学経験を経て、さらに1995年のホームレス自立支援NPO、コモングランドの創業者が卒業生であったことが縁でインターンシップを経験されましたが、これもアマーストに留学したことがきっかけであり、さらにインターンシップが阪神大震災後の日本にボランティア、NPOなどの必要性を強く認識されることになった社会的背景もありました。また同時に1995年は市川さんにとって偉大で尊敬すべき人生のメンターとなり、Fast Companyのアラン・M・ウェバー氏とのアメリカでの再会の年でもありました。アランさんとの出会いは、同氏の著書である「魂を売らずに成功する」の翻訳を手掛けるきっかけにもなり、また今なお続く関係です。

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポートアマースト大学の先輩のみならず、市川さんの魅力は回りの人とのネットワークの広さにありますが、それは市川さんが人間関係を大切にする人であることを、回りの人達がわかっているからです。その人脈の広さは国内外を問わず、同志社やアマーストに限らず、海外留学した人全て、日米学生会議などの学生時代の国際交流活動にかかわってきた人全てといっても過言ではありません。その彼が、さらに時代の流れでもある「ソーシャル」という大きな潮流に押し上げられながらも、その潮流をとらえようとしています。ソーシャルが「社会的な」というだけではなく「社交的な」というもう一つの意味が単語に含まれていることから、その意味が2通りとなるとおしゃっていました。確かに、多くの人はこのあたりの意味を混在させて区別なく使っているように思われます。また強烈なメッセージとして「2011年アメリカの小学校に入学した子供たちの65%は大学卒業時に今は存在していない仕事につくだろう」(著書「Now You See It」(キャシー・デビッドソン氏)からの引用)というものでした。

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポートソーシャルグッド:Social Goodはまさに社会に良い行為です。今までボランティア、社会起業家、フィランソロピー、社会貢献、サステナビリティなど様々な概念で呼ばれてきた行為や活動がもはや一言では言いきれない状況になってきており、それらを総称するような形で、この言葉が使われるようになってきたというのが市川さんの講演の主眼とするところでした。

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポートさらに震災対策となり、Gov 2.0 となる「Code for America」や「Ushahidi」「Shisai.Info」、お金のあり方について「クラウドファンディング」などの新しい社会問題解決に取り組む人達の活動の広がりについてもレクチャーしていただくことができました。キュレーション、クライシスマッピング、ソーシャルレンディング、など様々な社会問題解決のキーワードはその新しい活動について、市川さんにお話いただいた時、私は、「働く方だけではなく、収入を得るためのライスワークも、人生全体のためのライフワークも含めて新しい人間の営み方」が始まったことを強く感じました。きっと会場の参加者の方も同様でしょう。

今後、市川さんのネットやリアルな活動から、絶対に目が離せません。

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポート
SocialCompany.org - ソーシャルカンパニー

「AXIOM 20s Career Talk Live」第7回開催レポート
市川裕康「デジタル・キュレーション」 | 現代ビジネス [講談社]

QUICK Question

人生最後の食事は何を食べたいですか?

(答)家族との食事が良いと思います。お味噌汁でも。

未来を明るくするにはどうすれば良いと思いますか?

(答)社会でおかしいと思うことがあれば、先ず調べてみる。考えてみる。そして小さくてもいいので行動してみるということで、社会は明るく、良くなると思います。

もし今、20代なら、MBAに留学しますか?

(答)かならず留学します。

尊敬する経営者は?

(答)今 MITメディアラボ所長の伊藤譲一氏です。10年程前のほんの短い期間、伊藤さんが英語で書いていたブログの日本語訳のインターンをさせていただいた経験があります。その時から彼の洞察力や経営者としての素晴らしさに直接触れることができ、その時から尊敬しています。

推薦図書を教えてください。(※下記URLは外部サイトに移動します)

開催概要

  • 日時: 2012年10月27日(土)14:00~16:30 (13:45開場)
  • 会場: 東京ミッドタウンタワー 7階 d-labo by SURUGA Bank
  • 定員: 40名
  • 対象: 18歳以上35歳未満の方なら、どなたでも。
  • 参加費:無料
  • 主催: 株式会社アクシアム
  • 協力: d-labo

夢研究所「d-laboコミュニケーションスペース」by SURUGA BANK

個人の夢、事業の夢、社会の夢・・ 自分ひとりだけでは難しい夢の実現へのアプローチ。
Webとリアルを連動させ、夢仲間を集め、共有する。
「これがしたい!」という思いを顕在化させる全く新しいコミュニケーションスペースです。
このスペースが、トークライブにご来場いただく皆様と、夢を実現化しているリーダーとの コミュニケーションの場として相応しい場所であると考え、d-laboさまにイベントの主旨へ ご賛同をいただき、第1回より継続的に会場のご協力をいただいております。
d-laboコミュニケーションスペース
www.d-laboweb.jp
d-laboコミュニケーションスペース

東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
>>アクセス

講演者/パネリスト 略歴

市川 裕康(いちかわ ひろやす)氏
ctl_201210-writer株式会社ソーシャルカンパニー
代表取締役 / ソーシャルメディア・コンサルタント
http://www.socialcompany.org
 
1970年静岡県浜松市生まれ。1994年同志社大学法学部政治学科卒業。1996年同志社大学新島奨学生としてアマースト大学を卒業。 NGO団体、出版社、人材関連企業((株)アクシアムに2005年~2008年在籍)等を経て、2010年ソーシャルカンパニーを設立。
ソーシャルメディア・コンサルタントとして、ソーシャルメディアを活用したビジネス支援、公共分野での利活用の推進に関する調査、講演、コンサルティング等に取り組んでいる。2010年より講談社ニュースサイト「現代ビジネス」において「ソーシャルビジネス最前線」、「デジタル・キュレーション」と題したコラムを連載中。世界50都市以上に拠点を持つ米国非営利団体「ネットスクエアード」の東京代表も務める。
著書に『Social Good 小事典』(講談社)、訳書に『魂を売らずに成功する』(英治出版)がある。
聞き手:渡邊 光章(わたなべ みつあき)
株式会社アクシアム 代表取締役社長
渡邊 光章大阪府立大学農学部生物コース 卒業
コーネル大学 Human Resource Executive Development Program修了。
留学カウンセラーを経て、エグゼクティブサーチのコンサルタントとなる。1993年に株式会社アクシアムを創業。MBAホルダーなどハイエンドの人材に関するキャリアコンサルティングを得意とする。社会的使命感と倫理観を備えた人材育成を支援する活動に力を入れ、キャリア開発をテーマにした講演活動など多数。1997年~1999年、民営人材紹介事業協議会理事。1998年~2002年、在日米国商工会議所(ACCJ)人的資源マネージメント委員会副委員長。

お問い合わせ

本イベントについてのお問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

株式会社アクシアム イベント事務局
Email:event@axiom.co.jp