アクシアム「日本からのMBA留学生数の推移」調査を実施/全米・欧州・アジアのすべてで微増にとどまる

次世代ビジネスリーダー/MBAホルダーのキャリアを支援する人材紹介会社の株式会社アクシアム(所在地:東京都港区、代表取締役社長:渡邊 光章)は、「日本からのMBA留学生数の推移」調査を実施し、その結果を公開しました。この調査は1999年より毎年実施しており、日本人MBA留学生を取り巻く環境を、継続的かつ包括的に把握する活動の一環として取り組んでいるものです。

調査概要

調査対象:

主要海外大学院・ビジネススクール 61校

調査方法:

(1)主要ビジネススクールへの聞き取り。
(2)アクシアムが有するMBA留学生ネットワークを通じ、各校の在校生、卒業生に調査を依頼。

調査期間:

2015年10月16日~2015年11月30日

調査結果データ

1999年卒から2017年卒までの調査結果データは、下記弊社ウェブサイトよりご覧ください。
「MBA留学生数の推移」ページ
「MBA留学生数の推移」調査結果データ

調査結果要約

海外ビジネススクールの在校生や日本人学生会、卒業生、同窓会、学校関係者の皆様にご協力をいただき、 合計61校(二年制・一年制合算)の日本人留学生数を調査することができました。

今年は、海外ビジネススクール全般でわずかながら留学生数の増加が見られました。地域別(二年制)の留学生数の推移(直近3年間)は以下のとおり。

◆表1: 調査結果が得られた2年制ビジネススクールの地域別日本人留学生数

2015年卒 2016年卒 2017年卒
US 169名 156名 161名
EURO 48名 44名 49名
ASIA 14名 20名 24名

アメリカでは、昨年より増加がみられたものの(表1)、一昨年の留学生数を取り戻すことはできませんでした。そのような中で以下の上位校では学生数が2桁となっています。

学校名 2017卒
Harvard University 13名
Northwestern University (Kellogg) 13名

今回の調査で回答を得られたアメリカの二年制のビジネススクール34校を調査開始当時から俯瞰してみると、総数では2002年がピークであり、2013年のボトムから徐々に回復傾向にあります。特に昨年に比べ、私費留学生の増加が大きく、今後もその推移に注視したいと思います。

◆表3: アメリカ 今回の調査で回答を得られた二年制のMBAビジネススクール34校

卒年 総数 企業官庁派遣 私費
1999年 197名(21校) 114名(18校) 57名(18校)
2002年 239名(23校) 98名(20校) 84名(20校)
2013年 146名(31校) 93名(31校) 53名(31校)
2016年 157名(34校) 114名(34校) 43名(34校)
2017年 161名(34校) 111名(34校) 50名(34校)

(※私費・派遣の内訳不明の場合は総数のみカウント)

プレスリリースPDFファイル

株式会社アクシアムについて

1993年9月設立。次世代ビジネスリーダーのキャリア構築を支援するサーチファーム。人材紹介事業、キャリア開発サイト(http://www.axiom.co.jp/)を運営。MBAを始めとする国内外の大学院修了者への転職支援に数多くの実績をもつ。単なる「転職」ではなく戦略的キャリア展望を持った『「展」職』を提唱し、キャリアコンサルティング、セミナーの企画運営などを通じ、日本を担う次世代ビジネスリーダーのキャリアを創出している。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社アクシアム 担当:舩津(ふなつ)
Tel: 03-3560-8101 Fax: 03-3560-8102 E-mail: cr@axiom.co.jp
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー
転職/キャリア開発をご希望の方
無料登録フォーム

Facebook
Twitter
{literal} {/literal} {literal} {/literal}